防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

店舗用防犯カメラの工事をする前にチェックしたい店内のスポットとは?

    

店舗用防犯カメラの工事する前のチェックポイント

防犯カメラの設置はお店や飲食店を営業しているなら必須事項と言えます。
最近ではお店でも取り付けるところが増えてきています。
店舗はいろいろな犯罪と隣り合わせている場合が多いので工事を検討するオーナーも増えています。
諸外国では防犯カメラ設置は当たり前の出来事として考えられています。
ここでは店舗用防犯カメラの工事に関して設置前にチェックしたい店内スポットをご紹介します。

 

店舗に防犯カメラを設置する時の押さえたいポイントについて

店舗である以上は業種によっても異なりますが頻繁に出入りするケースも考えられます。
そのためお客様に不快な思いをさせないためにも防犯カメラを工事する前に設置すべき場所かどうかを考える必要があります。
特に注意したいのがプライバシーを映してしまうことです。
これはお客様のプライバシーを映してしまう可能性が高い業種が注意すべきことです。
服飾系、化粧品、エステ、美容室、飲食店などがこれに当たります。
不必要な場所まで映さないということが大切です。
また撮影している場所をはっきりさせて、顧客を映さないようにする努力が必要になります。
事前に工事する前には犯罪が起こる場所が限られていることにポイントを置いて、カメラもそのようなポイントに置くことが重要になります。
そしてお客様に不快な思いをさせないように、防犯カメラが作動していることを明記しておくことです。
これらはスーパーやコンビニでよく見られます。
つまり監視カメラ作動中というシールなどが貼られているはずですが、なんとも思わないで買い物をしている人がいる一方、それに反応して犯罪を抑止するという効果があります。

犯罪抑止や犯罪証拠だけでなく内部の監視にも必要

特に店舗はレジ前に監視カメラを必ず設置すべきでしょう。
コンビニでは多くの店舗が監視カメラを置いていますが、それは従業員の不正を発覚させるために設置します。
また外からの強盗や窃盗、いやがらせといった犯罪もあるので、そのためにも防犯カメラの設置はレジ周辺を映し出す必要があります。
入口や出入りがある付近に防犯カメラを設置する、駐車場がある店舗なら駐車場の出入口は誰でも出入りできるので防犯カメラを設置する必要があります。
コンビニなどの防犯カメラは別の犯罪の証拠としても活用されるケースが多いので、今や当たり前の状況になっています。
そして店内を映す場合は従業員が不正を働いていないか、という監視にもなります。
ただ一方的に従業員は監視されるのではなく、今後業務の改善や教育につながり、働きやすい環境を構築する場合にも役立ちます。
経営する側のオーナーがいない時でも働いているかどうかを確認するだけでなく、犯罪や不正を未然に防ぎ、業務改善まで考えることが可能になっています。

店舗側が防犯カメラを設置した時に注意した法的な問題

店舗側は設置すると法的な問題も発生することを注意しておく必要があります。
チェックしたいお店のポイント部分では撮影されたお客様の映像で個人が特定できてしまうということです。
その時それを利用するならその方に通知しなければならないのですが、取得の状況を考えて利用目的がはっきりしていれば公表しなくてもよい、とされています。
それは犯罪を立証するときに必要であり、それ以外で利用するのは認められていません。
最近では顔認証で万引き常習者を判断するシステムを導入したお店もあります。
この場合でも個人情報の問題として取得状況を考えると利用目的が明らかとは言えないケースも考えられると話題になりました。
ただし個人情報云々の前に犯罪抑止に法律が追いついていないということも考えられます。
つまり店舗の外、内に防犯カメラを設置する場合は個人情報の取り扱いについては厳重に注意して設置する必要があるということです。
消費者やお客様のプライバシーにも配慮したデータ管理をする必要が出てくることを忘れないようにしましょう。