防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

防犯カメラ設置中のステッカーの効果

    

空き巣被害や泥棒被害などの防犯対策には、その犯行の様子を録画できる防犯カメラを設置することが一番です。

さらに防犯カメラの設置だけでなく、防犯カメラ設置中のステッカーを貼ることで、防犯効果をアップさせることが可能となります。

ここでは防犯カメラ設置中のステッカーにある効果と、より効果的な使い方を紹介していきたいと思います。

 

まず、効果の1つに、防犯対策をしたことのない人にとって、手軽に始められるので、対策の1歩となる効果があります。

最近、近所で空き巣があったから、うちも防犯対策をしなければ、と思っている方も、ステッカーからなら手軽に始められるはずです。

 

ただ、防犯カメラも何も付けないで、ステッカーだけ貼っておいても、嘘だと分かってしまいます。

そのため、最初はダミーカメラや補助錠、センサーライトなど、説得力を持たせる防犯グッズを、一緒に設置することがオススメです。

次の効果としては、侵入者に対しての威嚇になる効果があります。

侵入者は窓や玄関などに貼ってあるステッカーを見て、警戒を強めて侵入を諦めることもあるからです。

特に目が描かれたステッカーは、人間の本能的につい探して見られている気分になるので、効果があります。

 

次の効果は、防犯機器が装備されている、というアピールできる効果です。

これはステッカーを貼ることで、日常から防犯に気を付けている家だから、防犯機器がある可能性が高いと思わせることができる効果という意味です。

防犯カメラだけ設置している場合、侵入された後に録画で確認するだけになってしまい、防犯効果はうすれてしまいます。

そこで、防犯カメラの設置と一緒に、防犯カメラ設置中のステッカーも貼れば、侵入者に対して防犯効果もアップさせることができます。

ステッカーをただ窓や玄関に貼るだけで、様々な防犯効果があるこの方法は、ホームセキュリティーサービスに加入するより安い費用で始められるので、防犯対策の初心者にはオススメの方法です。

 

なお、ステッカーはインターネットやホームセンターで手に入り、数多くの文言やデザインのステッカーがそろっています。

購入する時は、効果がありそうなステッカーを選んで購入するようにしましょう。

ちなみに、一番防犯効果がありそうな、ホームセキュリティーサービス会社のステッカーは、実際にサービスを利用しないと手に入らないため、ステッカーだけを購入することはできません。

似たようなデザインのものはあるので、こちらを活用するのも賢い方法です。

 

ランキングはこちら