防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

地域で信頼されている防犯カメラの設置会社を見極めるポイントとは?

    

防犯カメラ設置会社を選ぶときのポイント防犯カメラは最近では商店街や子供の通学路にも設置されるようになりました。
ゴミの不法投棄がやまない地域では住人が共同で付けることもあります。
しかし防犯カメラは便利な反面、設置業者は信頼ができるのでしょうか。
実は一番難しいのがその設置業者の選択です。
究極の防犯情報を手にすることが可能な防犯カメラの設置会社はどのように見極めればよいのでしょうか。
ここではそんな防犯カメラの設置業者の選び方についてご紹介します。

 

防犯カメラの取り付け業者を選ぶ前に考えたいこと

防犯カメラを取り付ける前にまずしておきたいことがあります。
それは防犯カメラを設置する目的をはっきりすることです。
次に自分でも少しは防犯カメラの情報を集めることです。
防犯カメラは個人宅なら防犯、犯罪を抑止する、事件や事故の記録や検証に使われます。
防災なら水量や津波監視、火山監視、道路状況監視などです。
店舗に取り付ければ万引きや来客の行動把握、流れなどがわかります。
個人宅に取り付ける場合はいきなり防犯カメラを設置するという作業よりも、玉砂利を引いて音が出るようにする、窓や扉を強固なものにする、防犯ガラスを取り付けるといったことを先に行います。
そして最終的に防犯カメラを設置するかどうかを決めていきます。
これは防犯カメラの設置に費用がかかり、場合によってはメンテナンスも必要な場合があるからです。
インターネットで調べておくことはカメラの形状や企画、カメラの機能や性能などです。
あまり詳しくなくても、夜間だけ必要なら検索すれば夜間対応のカメラが出てきます。
なるべく事前に調べておくことをおすすめします。

防犯カメラの設置会社を選ぶにはここに注意

地域で信頼されているという口コミや噂があったとしても、いきなり依頼したり相談するのはまずやめましょう。
「防犯カメラありき」で話を進める業者は信頼できないからです。
個人宅ならその前にやることがあります。
前段でもお伝えしたように窓や扉を強固にする、防犯ガラスにするなどの前段階の方法です。
そしてその結果現在、事情により防犯カメラを考えているということを伝えてみましょう。
そうすると良識のある設置会社なら、理由をヒアリングして総合的に判断してくれます。
もちろん業者も商売なので、「まだつけなくてもよい」とは言わないでしょうが、設置に際してはマイナスな面(設置費用がかかる、メンテナンスがかかる、バージョンアップがあるなどの価格面と管理面)を必ず伝えてきます。
また一つの会社に選定するのはやめましょう。
付き合いがある、紹介されたという例で多いのが、その地域で信頼されているからといって断れない高額の工事をされたというものです。
面倒でも複数の会社から見積りを取ることをおすすめします。
地域密着型で困るのがコンプライアンスのなさです。
これは企業だけの問題だと思っている方も多いようですが、実は中小企業でもセキュリティに関連した会社は注意が必要です。
地元密着型だと「Aさんのお宅はこれを付けましたよ」とか「Bさんはもう少し簡単なシステムを導入されました」といったような、身近な事例を紹介する場合です。
これではせっかく秘密にしておきたい防犯カメラのグレードや仕組みもご近所に筒抜けです。
なるべくならこんな会社に依頼したくないでしょうが、地元密着型で古くから地域の仕事をしている会社に多いパターンです。
注意しましょう。
最後に防犯カメラを設置するのは誰でも初めてなら戸惑うはずです。
一番重要なのは、どんな仕組みなのか、どうしてその場所に設置するのか、カメラや機材の仕様、使い方について細かく説明してくれる業者です。
疑問にも丁寧に答えてくれる業者は信頼できます。

 

ランキングはこちら