防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

マンションの防犯カメラの設置で注意したいこと

    

マンションの防犯カメラの設置で気をつけたいこと

最近、どんなところにも防犯カメラが増えてきました。
それだけ監視しないと防犯率が下がらない、いざという時に役に立つ、犯罪を未然に防ぐということもあるでしょう。
ところがマンションの防犯カメラの設置でも気を付けたいポイントがいくつかあります。
ここではマンションの防犯カメラ設置で注意したいポイントをご紹介します。
これから導入される予定の方はぜひご覧ください。

 

範囲が広いマンションで抑えておきたい場所とは?

防犯カメラを選ぶ時、まず考えることはカメラの種類や性能でしょう。
しかしそれだけでなくどこに設置するかも非常に重要です。
個人宅なら設置すべき場所や法的問題点などを悩む必要があまりないでしょう。
ところがマンションなどの共同住宅は、どこに設置するかによっても防犯効果が変わってきます。
それだけでなく敷地が広いのでどこに設置すべきか悩みます。
そこで一番重要なのは人が必ず通る箇所を抑えるということです。
例えばエントランスなどの出入口を考えてみましょう。
ここは最も人の出入りの激しい場所です。
エントランスの作りがどうなっているかによって、出入口の外なのか内なのかが決まります。
入口が道路側に面しているなら、入口だけでなく通りに面したところにも配置します。
内側に設置するならポストや宅配ボックスがある場所、エレベーターホールなども同時に監視できるとよいでしょう。
そしてマンションに駐車場があれば、必ず防犯カメラを付けてください。
駐車場は事故やいたずらなどが起こりやすいので設置にも気を使います。
例えば駐車場の入り口と全体を見通す防犯カメラに分けて設置することもあります。
台数が多いに越したことはありませんが、予算の都合もあるのでプロに確認しながらなるべく死角を作らないように設置しましょう。
そして最後はエレベーターの内部です。
これはすでにエレベーターを導入した時に設置されているはずです。
実はエレベーターは密室になるのでトラブルが起こりやすい空間です。
そのためエレベーターは通常のカメラと独立して録画できる(SDカードなどの録画)の2種類があります。
大抵はエレベーター導入の際に工事を依頼することが可能です。
このようにマンションは一般的に言っても人が多く使う場所、死角になりやすい場所、密室になりやすい場所に設置するほうが良いでしょう。

トラブルに発展する防犯カメラの設置方法とは?

今やマンションなどは管理人が在籍しているタイプでも、無人の場合でも防犯カメラは必須になっています。
それは前段のエントランスや駐車場、集合ポストなどといった場所です。
しかし最近増えているのが、住んでいる方が同じマンション棟の住人を監視するというケースです。
防犯目的で設置されているはずの防犯カメラですが、ゴミ出しのルールが守れない、たばこの吸い殻が捨ててある、禁止されているペットを飼っているといった場合、居住者の管理規定違反を阻止する目的で防犯カメラが設置されるようになりました。
もちろん最近では資源ごみを勝手に持ち去っていくということを阻止するためにも使われます。
マンションなどの集合住宅で問題を複雑化させている理由は、共有部分と専有部分があることです。
専有部分に許可なく防犯カメラを設置するのはできません。
また仮に専有部分の一部でも防犯カメラを取り付けることができません。
またバルコニーなども共有部分とされていますが、現実的には専有部分です。
余談ですが専用部分であるバルコニーに住民が防犯カメラを設置する場合、許可が必要ないように思われますが、実は管理組合に承認される必要があります。
共同住宅は意外と複雑な取り決めがあります。
話を戻しますが、そのような観点からマンションなどの集合住宅ではベランダやバルコニーを除いた共用部分と呼ばれるエレベーター、廊下(外)、出入口エントランス、駐車場、ゴミ集積場などに設置するのが一般的です。

 

ランキングはこちら