防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

保育所の防犯カメラの取付で見落としてはいけないポイントとは?

    

保育所に防犯カメラを取り付けるときのポイント保育所の防犯カメラ設置は今や常識になりつつあります。
昔は保育所や幼稚園などは設置対象ではありませんでした。
ところが多くの児童を預かることや職員は女性がほとんどという状況では、安心して防犯対策をすることができません。
また近年増加している児童に対する犯罪などを抑止するためにも保育所の防犯カメラ取付は急務となっています。
最近では防犯カメラ取付を助成する自治体も増えてきました。
そこでここでは保育所の防犯カメラの取付で見落とししてはいけないポイントについてご紹介します。

 

そもそも保育所などに防犯カメラが設置されるようになった理由

これは冒頭でもお伝えした通り、犯罪を抑止するという目的が第一です。
最近では幼稚園などに無関係な人物が刃物を持って侵入して犯罪行為をするという事件も起こっている位です。
それが防犯カメラ一つで抑止できるとは思えませんが、無いより有ったほうがいいはずです。
また監視面が強化できるのは保育所を運営する側にしても有利です。
これは保育士さんがどのような業務をしているのか、問題がないかなどを確認することができます。
身内を監視すると非難されそうですが、実はそうではありません。
これはお子さんを預けているご両親にとっても信頼できる保育所として安心と安全を提供することになります。
保護者が監視できない日中のほとんどを保育所で過ごすなら、どんな風に過ごしているか、ということが常に心配になるでしょう。
そこで運営側にもこの不安を解消させるべく、ウェブカメラとして防犯カメラを設置して確認できるようにしているところもあります。
保護者が目視して確認できるのが一番のメリットだと言えるでしょう。

保育所の防犯カメラ設置で気を付けたいこと

子供達が多くいる場所で注意したいのは不審者の侵入を抑止することです。
それには園内になるべく死角を無くすことが重要です。
実は防犯カメラを設置しているからといって、常にモニターしている訳ではないので絶対的な安心にはなりませんが、何かあった時のチェックや予防につながります。
防犯カメラ設置に関しては保育所の体制や構造に不安を持つ保護者の意識が根底にあることをと忘れてはいけません。
これは最初の記事でご紹介したように保育所だけを守るものだけでなく、保護者に安心を与えるものでなければならないということです。
そのために夜間の侵入や窃盗を抑止する、内部不正をさせないといった役割も果たします。
内・外両方を予防するということになります。
そして最も注意したいのが「死角を無くす」ということです。
最近保育所や幼稚園で多発している児童の事故の多くがこの「死角」によるものです。
そのような場所に児童は往々にして入り込んだり、職員の目の届かないところに行ってしまう場合もあります。
そして運悪く不審者に出会ってしまう、児童同士が不測の事態になるということもあります。
このようなことがないように死角になる場所にも防犯カメラを設置して、職員室のモニターで全部のカメラからの映像を映せるようにしておくことが重要です。
仮に死角に児童が入ったとしても気が付くことが可能になります。
また最近増えている犯罪は夜間の盗難です。
保育所は夜間が無人であること、簡単に入りやすい構造になっている場合が多く、窃盗犯には格好の標的になっていることがあります。
屋外にも防犯カメラを設置して暗視カメラなどで夜間の侵入に備える必要があります。
最後は内部の不正を抑止するための取付です。
幼稚園や保育所は実際に内部で現金盗難事件が多くなっていると言われます。
証拠がない、表沙汰にしていないという理由で対処できないケースも多くあります。
悲しいことですが職員室内や金庫付近などに防犯カメラを取付で不正を抑止することも大切です。
このように監視カメラの取付によって内部も外部も守られている、安心・安全な保育所の運営が可能になります。