防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

家族とペットの様子が見られる、家庭用防犯カメラの取付方法とは?

    

家庭用防犯カメラの取り付け方法

 

最近ペットカメラというものが登場しました。
これは設置すると外出先でもスマホなどで室内のペットの様子が確認できるというものです。
一般の方でも取付方法や設置方法が簡単なので普及し始めました。
一方子供の留守番や離れて暮らすご両親などを家庭用防犯カメラで安否確認するという方法もあります。
便利な家庭用防犯カメラの取付方法についてご紹介します。

 

 

コストをかけずに導入することができる手軽さが好評

かつて自宅に監視用や防犯用のカメラを設置するのはプロの仕事でした。
例えば専門の業者や警備会社に依頼して、録画システムを導入した非常に大がかりなものでした。
ところが最近ではインターネットが使える家庭ならどこでも取り付けられるようになりました。
そのような一般家庭用の防犯カメラは低コストで設置しやすいのが魅力です。
そして外に出かけてもスマホから映像を確認する、声掛けすることも可能です。
また機器によっては何かしらの動きを検知すると自動で録画して住人に知らせるタイプのものもあります。
特に室内に取り付けるカメラには色々な使い方が可能です。

専用のネットワークカメラを取付する場合

インターネット経由でつなげることが可能な防犯カメラはネットワークカメラ又はIP監視カメラなどと呼ばれています。
これらは外出時や自宅の別の場所からPCやスマホで映像を確認することが可能です。
よく取り上げられるインターネットカメラは動きによって自動的に録画を開始し、保存はSDカードなどに行います。
スマホから専用のアプリでアクセスし、防犯カメラを通して外から中にいるペットや子供、高齢者の両親と会話できます。
場合によっては首降り機能もついており、カメラの向きを変更することも可能です。
また赤外線LEDが搭載されたものであれば夜間でも録画することができます。
これらの製品の取付は非常に簡単で、本体の防犯カメラを自宅のネットワークと接続させるだけです。
接続させる場合はご家庭ごとのネットワーク名とパスワード(プロバイダーなどが付与しているはずです)を入力してつなげます。
スマホには防犯カメラと連動したアプリがあるのでそれをダウンロードして使います。
ネットワークカメラならこれだけで利用することが可能です。
非常に簡単で楽に取付ができます。
ただし一つだけ注意点があるとするとネットワークカメラの価格です。
これにもピンキリがあり、価格帯が安いとできる機能が制限されます。
一方で機能が多いと軽く5万近くなるものもあり、どのような使い方をするかによっても製品選びが違ってきます。
必要な機能を選んでから製品を決めるようにしましょう。

古いスマホも活用できる取付方

これは知らない方も多いようですが、古いスマホ活用術です。
大抵は古いスマホを残さないこともあるでしょうが、実は古いスマホを活用して防犯カメラとして活用することもできます。
これは古いスマホにスマートホームセキュリティやWardenCamといったアプリをダウンロードし、通常使っているスマホを使ってアクセスします。
ここで少し疑問が生じるかもしれませんが古いスマホはSIMが抜いてあるはずなのでインターネット接続できないのでは?と思われるかもしれません。
ご自宅のインターネット環境がスマホだけなら別ですが、何かしらのWi-Fiが使える環境ならそれにアクセスしてあげればそのまま使えます。
これなら手軽に、しかもお金をかけずに取付することが可能です。
また古いスマホを固定する三脚などを用意して固定させるようにしてください。
補足ですがこれらのアプリは非常に優れており、監視エリアで動きがあると自動的に録画を開始する、外出先のスマホからアプリでアクセスして外から中の様子が確認できる、設定の仕方で録画した動画(または写真)をSDカードかクラウドに保存することができます。
専用ネットワークカメラを購入する前にまずはこのような形で試してみるのもおすすめです。
それでも物足りないという場合は専用ネットワークカメラをご検討ください。