防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

防犯カメラを設置するときの見積もり依頼のポイントとは?

    

防犯カメラを設置するときの見積もり依頼のポイント

最近は街中に防犯カメラを見かけるようになりました。
一見防犯効果がありそうですが、なんだか監視社会になってしまったようで心配です。
その一方で、自宅に監視カメラを付ければ泥棒などの抑止力になります。
ここでは防犯カメラを設置するとき、どのように見積り依頼をすればよいのかを解説します。
これから取り付けたい方はぜひ参考にしてください。

 

防犯カメラを設置したいけど一体何のために必要なのか?

何気なく防犯カメラを設置したいという人はいないはずです。
何らかの理由があり皆さん設置を決めるはずです。
例えば自宅から少しはなれた車庫に車や自転車を置かなければならないといった理由なら、いたずらや盗難防止です。
空き巣やベランダの洗濯物が盗まれるといった場合も盗難防止という理由で設置したいと考えるでしょう。
このような「設置したい理由」はその家庭によっても変わります。
中にはお屋敷が大きいから、侵入経路が多くて不安だという贅沢な悩みから取り付ける方もいらっしゃいます。
ここでお伝えしたいのはどのような目的のために防犯カメラを設置したいのか、はっきり決めておくことです。
それがはっきりしていると防犯カメラの専門店でも見積りが出しやすくなります。

ダミーカメラでは防犯対策にならない?

防犯カメラを取り付ける前に誰もが考えるパターンがダミーカメラです。
これはまず防犯カメラが本当に必要かどうかを考えてから依頼したいからです。
実はダミーカメラでもある程度の防犯効果はあると言われています。
よくある手段として防犯カメラ稼働中などのプレートやシールを貼っておくとカメラがあるよ、ということをアピールできます。
実は抑止力という点ではダミーカメラでもある程度保障できます。
悲しいのは防犯カメラの実用性は実際に犯罪が起きてからの証拠として使われるので、抑止力という意味ではダミーカメラでもほぼ同じです。
ただし録画するだけでなく、モニター経由で監視することも可能なので、ダミーカメラとは違います。
またダミーカメラだと防犯カメラに見慣れた人ならダミーカメラかどうかもわかってしまうというデメリットもあります。
多少予算をアップさせると本物と遜色ないダミーカメラが手に入りますが、結局のところ防犯カメラが何の目的に必要なのかをよく考えてから選択しましょう。

防犯カメラを設置する場合の見積り依頼はこうすると得

防犯カメラの目的をはっきりさせたら、次に防犯カメラを自前で購入して設置してもらうということは避けるようにしましょう。
実はここにも問題があります。
せっかく割安で防犯カメラを購入しても、設置に以外とお金がかかったという例が多くあるからです。
防犯カメラのシステムを単純に解説すると、カメラ本体に加えて録画レコーダー(最近はハードディスク等、多様化しています)とそれらを接続するケーブルが必要になります。
防犯カメラやハードディスクの種類によってはTVやPCでモニターの代わりにできることもありますが、専用のモニターが便利な場合もあります。
カメラの設置目的に合わせて、どのような機材を選ぶかが決まります。
防犯カメラの目的が夜間だけの監視+録画であれば、夜間対応のカメラと必要機材が決まります。
動画でなくて静止画でもよいなら、静止画撮影がSDに保存できるタイプになります。
このようにニーズによっても防犯カメラの設置場所や内容によっても防犯カメラの種類が変わります。
そして何よりも重要なのは設置する場合、業者によっても防犯カメラにあらかじめセットになっている録画機材やケーブルがあります。
バラバラのメーカーでも慣れていれば問題ありませんが、耐久年数の問題が出てくるかもしれません。
そのため機材やパーツがすべてそろったセット売りされている防犯カメラキットを購入することをおすすめします。
そして見積り依頼するときは、そのような目的別の防犯カメラキットが用意されている業者で、設置も込みの値段かどうかを確認します。
良心的な業者なら、防犯カメラに設置費用を含めることなく別に見積りを出してきます。
最初から設置込みという書き方をしているところもありますが、すべての家庭の状態がすべて一緒とは限りません。
設置に手間取る場合もあります。
そんな時、余計な費用が本当にかからないのか、実費(つまりケーブルの長さが足りない、カバーが必要などの予測していない費用)が追加されるケースがあるのかどうかを確認しましょう。
また見積りに追加しておきたいのは将来増設する可能性があった場合の対応です。
最近はカメラ1台、画質の良いAHDカメラを設置した場合は10万円以内で調達と設置ができます。
しかし技術は進歩するので、場合によっては増設よりも高機能なカメラに入れ替えすることもあります。
そんな場合も対応してもらえるのかどうかも予め確認しておきましょう。

 

ランキングはこちら