防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

アパート向け防犯カメラの工事費用の相場とは?

    

アパート向けの防犯カメラ取り付けの相場最近は街中で防犯カメラの設置を確認することができるようになりました。
あまりいい話ではありませんが、無いよりはあったほうが犯罪を抑止できるので必要不可欠ですね。
また個人宅やマンションでも防犯カメラの工事は増えています。
そしてアパートでも防犯カメラの設置は徐々に増えています。
マンションと違ってアパートの場合は防犯対策がイマイチの場合もあり、防犯カメラによってセキュリティー対策ができるのであれば、賃貸の価値も高まるので大家さんが導入するケースが増えています。
そこでここではアパート向け防犯カメラの工事費用についてご紹介します。

難しい防犯カメラ工事の設置費用

街の電気工事店や防犯カメラ販売店に防犯カメラ設置の相談をしてみたとします。
色々な会社が見積りを出してくると思いますが、多くが以下のような内容を見積りしてきます。

・設置工事として防犯カメラ配線費、防犯カメラ本体設置費、防犯カメラ設定費(設置費とは違い角度などの調整)、録画機設置・設定、ネットワーク設定
・人件費や諸経費(機材運搬、出張費用、手配費用、ケーブルなどの機材費用など)
・カメラ本体費用、DVR費用

つまりカメラとレコーダー、ネットワークなどの実費に加えて設置工事費用がかかるというものです。
通常頼むとこのような項目に見積りがついてきます。
もう少し詳しくいうと、実費のカメラと録画装置を除いて、設置+調整+設定費と配線費用はセットと考えてください。
そして録画装置(レコーダー)の設置や設定費は別、モニターにつなぐだけならそこは無料ですが複数の防犯カメラを画面に映すなら設置料がかかります。

アパートの相場というと木造なら安くできる場合もありますが、鉄筋コンクリートや複雑なデザイナーズ物件などの場合は、マンションやビル並みにかかる場合もあります。
そして気になるコストはブランドの防犯カメラの場合はカメラ2台+録画機器+設置費用で50万以上する場合があります。
これは果たして相場なのでしょうか。
そこで次にそれぞれにかかる費用を考えていきます。

本体価格と工事費は分けて考えたほうが良い

50万以上という価格は果たして妥当な数字なのでしょうか。
ブランドの防犯カメラ2台とレコーダーをセットで購入すると確実に15万以上します(そこで購入できればまだいいほうです)。
仮に防犯カメラ2台+レコーダー+モニター+配線などを全部合計して20万で用意したとします。
非常に安い設置を売りにしているA社に依頼したとします。
すると1台の設置を30,000円、配線延長を5,000円、録画設定費用を10,000円、ネットワークカメラ設置なら50,000円という費用がかかるとします。
つまりカメラ1台設置するために55,000円かかります。
でもこれなら25万程度で終わりますね。
ところがカメラ1台なので追加費用で30万かかります。
徐々に費用が増えてきましたね。
安い設置費用を売りにしている工事店で注意したいのは、カメラは複数台注文してから依頼するケースが多いということです。
このように設置費用が安くても、実際にカメラ4台からとなっていたらやはり50万以上するのです。
ここでも相場50万という数字が出てきました。
これは超えられないのでしょうか?そこでご紹介するのが本体価格と工事費はセットで安ければそのほうが良い、分けて考えてそれに対応してくれる工事店があれば依頼したほうが良いということです。
その時50万以下なら比較的良心的な会社なのではないでしょうか。
もちろん20万程度でもつけられますが、複数台対応してくれないこともあります。
最近では月額で5000円から、初期費用無しというところもありますが、大規模なマンションが対象の場合もあります。
相場としては50万以上ならまず確実に、高いと思って間違いないでしょう。