防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

自分たちで取付ける防犯カメラに必要なグッズとは?

    

自分たちで取り付ける防犯カメラに必要なグッズ

 

最近では個人宅にも監視カメラを取付ける方を見かけるようになりました。
本来は必要が無かった監視カメラですが、昨今の犯罪の急増や子供のために取付する方が年々増加しています。
昔はお金持ちの豪邸やそれなりの所得のある家に設置するイメージのあった防犯カメラですが、最近では気軽に個人でも取り付けられる防犯カメラが出てきました。
ここではそんな自分たちで取付できる防犯カメラについてご紹介します。
取付をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。

 

防犯カメラを自分で取付前に知っておきたいこと

最近ではDIYが広まっているので自分である程度器用に住宅を修繕したり改築したりする方が増えています。
ホームセンターなどに行くと本当に素人でも便利なグッズが販売されたりしているので、ある程度の改築や修繕は可能になりました。
ところが防犯カメラというのは少し違います。
防犯カメラは電源を必要とし、有線(つまり録画したりリアルで確認したりするための配線)を必要とするものがあります。
玄関の外壁に取り付ける、駐車場前に取り付けるといった方法が取られます。
その場合必ず電源や回線を家に引き込む必要があるので、どうしても工事が必要になります。
実はこれには工事資格は必要ないのですが、素人の方で注意したいのは防犯カメラをメーカーから直接購入した場合、工事を行ってきちんと映らなくても自己責任になる場合があります。
また壁に穴を開ける作業や配線を内管に通してきれいに設置するなども行う必要があります。
最近ではネットワークカメラが普及しているので電力だけ確保すればよいものも増えていますが、やはり電源という問題があります。
そこで注目されているのが自動録画や写真撮影ができる工事設置不要の簡易型防犯カメラです。
次に自分で設置できる防犯カメラについて詳しくご紹介します。

自分で設置できる防犯カメラ取付に必要なグッズとコツについて

最近ではUSBやリチウム電池バッテリーで稼働する防犯カメラが出てきました。
値段も5,000円から2万円程度の幅であります。
これなら手軽に活用できますね。
また室内なら他の部屋にいても監視できるタイプの室内カメラ(主に介護や赤ちゃん、お子さんのためのもの)が増えています。
これらの多くはドライバーやカッターなど100円ショップなどで売っている工具があれば簡単に取り付けることができます。
多くがUSB経由でバッテリーを充電する仕組み(又はリチウム電池や乾電池のケースが多い)になっていますが、別売りのSDカードが必要になります(これらはメーカーのサイトに記載されています)。
ただし注意したいのが充電の問題です。
ほぼ5時間程度の充電で10秒録画が200回程度、電池8本で1カ月などメーカーによっても限界があります。
そこはいつも電力を供給されている監視カメラと違うので注意が必要です。
また外付けするタイプのものはやはり簡単でも充電ケーブルを設置する必要があるものがあります。
もちろん乾電池でも可能なタイプもありますが、リアルタイムに監視することは不可能です(あくまで何か起こった時の録画と予防)。

自分で本格的な防犯カメラを設置する時の注意とグッズ

監視カメラは室内より外に取付ける場合が多いでしょう。
そうなると強度の低い場所ならすぐ外れてしまいますので、取付ける場合はどの部分の強度が一番高いかを調べてから設置するようにします。
また電源コンセントの届く範囲に取付ける必要があるので配線もPF管やモールダクトなどに入れて保護しましょう。
その場合は穴を開けたり(壁などに)通気口を通す方法で極力ケーブルが外から見えないように設置することが重要です。
仮にケーブルが出ていてもPF管やモールダクトでカバーして雨・風などから守るようにしましょう。
また設置の際に必要なのは外に取付けるなら雨になるべく当たらない場所を選ぶことが重要です。
できれば防水のものを選びましょう。
このように簡易設置できるタイプなら、家にあるドライバー1本で済み、外に本格的に設置するならドライバー以外にもドリル(穴を開けるための道具)やパテ(壁補強用)、パテ台やコテ、PF管やモールダクト、結束バンド、針金などが必要になります。