防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

防犯カメラの録画時間について

    

防犯カメラの活用ポイントとなる録画時間は、知りたい情報を確実に入手するために重要なポイントです。

あまり長い時間録画できないものもありますが、何日間も録画して保存できるものもあります。

また、限られた日時に高画質を維持してピンポイントで防犯カメラの効果を発揮させたいケースと、画質にこだわらず時間の経過を見ながらより長く録画したいケースなど、用途や目的によっても商品選びは異なりますので、様々な商品を比較して自分に合った性能の防犯カメラやレコーダーを見つけることも大切です。

 

レコーダーに内蔵されたハードディスクの容量が大きく関わる防犯カメラの録画時間は、テレビ番組を録画する際に使用するレコーダーに内蔵されたハードディスクや、テレビに録画機能が一体化されている場合のハードディスクをイメージすると大変分かりやすいでしょう。

一般的には1週間分くらいを保管できる容量が備わっていて、旅行に出かけて留守の間に防犯カメラの機能を発揮させたい時にも十分です。

より長く保管したい場合は3週間分ぐらい保管できるハードディスクが内蔵されたレコーダーもありますので、長期旅行や出張など留守が多い方でも残量不足を気にせず出掛けられます。

 

最近では、人などの動きに反応してカメラが作動する商品も発売されていて、無駄な映像を長い時間撮影することもなく、時間を掛けてチェックする手間も省けますのでお勧めです。

そうした、動きを感知する防犯カメラなら、どのような状況を撮影しても同じようにハードディスクの容量が減るのではなく、駐車場など車の動きが頻繁な場所や、人通りが多い場所などを撮影した防犯カメラのハードディスクは、ハードディスクの容量が早く減少します。

その一方であまり動きがない映像や、人や車の通りがない映像、室内を撮影した場合には、大きくハードディスクの容量が減ることはありません。

 

防犯カメラの性能と共にレコーダーの性能にもこだわって商品を選ぶ必要がありますので、使う目的や設置台数、予算などを考慮して本当に必要な防犯カメラを最適な場所に取り付ける判断が大切になります。

防犯カメラとレコーダーをそれぞれに買い求めることも可能ですが、セット販売などを展開していることも多いので、比較検討をしながら選ぶのがお勧めです。

室内だけでなく外に設置することも多い防犯カメラは、雨や雪で濡れても故障しない防水加工品や、破損などのトラブルが起きても安心な品質保証が付いた商品もあります。

自分が希望する録画時間をカバーしたレコーダーを選んでみてください。