防犯カメラは人気の工事業者で取り付けよう!

ニーズに合わせた防犯カメラの画素数比較

    

防犯カメラの画素数比較

多彩な機能や性能を持つ防犯カメラは、ニーズに合った商品を選ぶとコストの面でもメリットがあります。

画素数や赤外線の有無で見え方に違いがあり、その見え方を知っておくと選ぶ際にも迷うことが少なくなります。

また、画素数が多くなればなるほど見え方が鮮明になりますので、今回は防犯カメラの画素数と見え方を比較してみます。

 

 

アナログの防犯カメラは38万画素が主流

幅広く全体を確認したい場合や、目標物が近い時に力を発揮するのが38万画素のアナログ防犯カメラです。

それ程鮮明でなくても大まかに全体が確認できれば良いという方にはおすすめで、長期間の録画が可能であったり商品のラインナップが豊富であったりとメリットも多く、価格も比較的安価な点も魅力です。

 

赤外線付き防犯カメラなら夜間でも綺麗な48万画素

夜間の防犯対策におすすめなのが、赤外線付き防犯カメラです。48万画素が販売されており、暗闇でも鮮明な映像が映し出されますので、室内・室外問わず暗い場所での使用ならイチオシです。

防犯カメラの機種によって映し出せる距離や赤外線LEDの寿命などの性能に違いがありますので、ニーズに沿った商品を選択することが大切です。

 

ネットワークカメラは高性能なメガピクセル100万画素以上

インターネット環境さえあればとこでもカメラを利用して確認ができるネットワークカメラは、従来のアナログ防犯カメラと比較した場合、だんぜん高性能で詳細な映像を見ることができるのが大きなメリットです。

メガピクセル100万画素以上の高画質が特徴で、機種によっては音声さえもクリア録音できます。

また、録画した映像はデジタルデータとしてそのまま保存される為、画質の劣化の心配が無く長期間の保存が可能で、どんな状況でも詳細な確認ができますので高度な防犯対策が実現しやすくなります。

 

手元やナンバープレートまで確認したいなら130万画素のハイビジョン

室内での手元確認や駐車場での車の確認などには、130万画素のハイビジョンカメラが強みを発揮します。

店舗の場合にはレジの商品や書類の確認、室外の場合は駐車場の車のナンバー確認までできるのが大きな特徴です。

データはデジタル処理されており検索しやすくなっていますので、いつでも必要な時に確認が可能できるのも高性能カメラです。

 

防犯カメラの画素数は一般的となっている画素数の他、商品によって様々なものが販売されていますので、適材適所で利用するとコスト面での節約に繋がり、目的に合ったより良い防犯対策になります。

 

ランキングはこちら